« | »

kusa
2010-05-27 06:34 pm  

はじめまして。くさかべです。

入社の順序的には、上からの押さえ込みと下からの突き上げに板ばさみになるはずの中間管理職のはずですが、気楽にやらせてもらっています。(要はただのプログラマです)

今日は、WEBサービス向けのAPIのプロトコルである AtomPub について書こうと思います。AtomPub は Atom Publishing Protocol の略称で、以前は AtomPP と呼ばれていました。

Atomというと、「RSSで使うやつね」とか、「低消費電力のCPUでしょ」とか、「2003年には出来てるはずの…」などあると思いますが、AtomPub は「RSSで使うやつ」の仲間です。

「RSSで使うやつ」は正式には Atom Syndication Format と言い、日本語ではAtom配信フォーマットと呼ばれます。
AtomPub は、前述の通り Atom Publishing Protocol の略称で、日本語ではAtom出版プロトコルと呼ばれます。

その名の通り、「RSSで使うAtom」がブログの更新情報など、サーバからクライアントへの情報の配信に使用されるのに対し、AtomPub は「出版」、つまりブログの投稿など、クライアントからサーバへ情報を送信する際のプロトコルです。

ブログを更新するのには、これまでXML-RPCと呼ばれる仕様に基づいたものが一般的でしたが、最近は AtomPub の対応も広まっています。

Blogger や アメブロ、So-netブログ、はてなダイアリー、livedoor Blog、mixiなどのブログサービスのほか、wordpress、MovableType といったブログソフトもAtomPub に対応しています。

また、マイクロソフトも、Windows Live サービス群の通信プロトコルとしてAtom とAtomPub に注力することを表明しており(2008年初頭の話ですが)デスクトップからブログの投稿が出来る Windows Live Writer はすでに代表的なAtomPubクライアントとなっています。

次回は、XML-RPC との比較という点で、AtomPub の特徴について書いてみたいと思います。

ちなみにポーランドには ATOM というパブがあるようです。お酒を飲みながらボーリングも楽しめちゃうっぽい、素敵な場所です。google.co.uk でぐぐったらでてきました。ポーランド旅行の際にはぜひお立ち寄りください。

それでは。

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

最近の投稿

Archives:

カテゴリー