« | »

kusa
2010-07-30 07:48 pm  

こんにちは、くさかべです。

近頃のiPhone、iPadブームで、サンアットマークでも
iPhoneやiPadに関する話題に触れることが多くなり、
我が社でもiPadも購入しました!

WEBで使用される画像といえば、jpgやgif、png、
広義にはswf(Flash)も画像の形式のひとつとして
ポピュラーとなっています。

jpgなどは画像を点の集まりで表現したラスタデータといわれるものですが、
swfはベクターデータも扱えるのが特徴です。
ベクターデータは精細な写真などには不向きですが、
図面やグラフなど、線で構成された画像を扱う際には
拡大縮小しても画像が乱れないという大きな長所があります。

しかし、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、
iPhone、iPadでは、このswfが表示できません。

では、iPhoneやiPadでベクター画像を使用したい場合にはどうすれば
良いのでしょうか。

それには、SVGという画像のフォーマットがあります。

SVGは約10年前にはWEBの標準規格として制定されているのですが、
これまでInternetExplorerが標準では対応していなかったのもあり、
普及が遅れていました。
しかし、InternetExplorerの時期バージョンである9では、
SVGの正式対応が決定しています。
(他のメジャーなブラウザはこれ以前からすでに対応しています)

InternetExplorerでの対応とiPhoneやiPadの普及で、
SVGはこれから普及が進むと思います。
印刷にも向いているので、WEBの表現力向上につながるような
新しい利用法が出てくるのが楽しみです。

ちなみに、SVGはScalable Vector Graphicsの頭文字をとったものです。
タイトルとは何の関係もありませんよ!

では。

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

最近の投稿

Archives:

カテゴリー