« | »

ohashi
2010-06-21 07:17 pm  

こんにちは、おおはしです。

今日は、「本質をみる」ということについて、考える機会がありましたので
実体験を交えて長々と書きたいと思います。
基本的に長文ですが、笑いを交えた内容にしたいと考えていますので
お暇さえあれば、是非ご覧いただきたい内容です。
あ、前置きがすでに長文でしたか。失礼いたしました。

あんまりにも長かったので、内容は続きを読む形にしておきました。
どうも申し訳ありません。


さて、 かなり個人的なことで恐縮ですが、
先週から今週の間に、
具体的に言うと6/14(月)に誕生日を迎え2才になりました。

22のときから、年をとることを受けいれていないので
年をとったという認識はないですが、本当にめでたいことです。

2才になるまで、大きな病気もせずのほほんと生きてこれたこと
丈夫な身体に生んでくれた両親、
いつも私のことおもろがってくれる友人、
暖かいまなざしでみまもってくれる先輩方、
まわりの皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。

誕生日ってきっとまわりのみんなに感謝する日なんですよ(自論)

サンアットマークでも、優しい先輩方からお祝いにドリンクをもらいました。
本当にうれしいことです。

↓もらったのはこれ。
写真撮るのを忘れて飲みすぎてしまいました。。。残念です。

そう、これ、 タピオカドリンクです。(ゆずはちみつ味)
近くにお店があって、早めに帰社するときなんか女子高生がよく並んでたりして
気になってはいたんですが、

なんとなく、、、これ、、、

ねぇ、、、、魚卵とか(嫌いです)
両生類の卵!?
みたいな。

わたくし、ビジュアルを重視してしまうがため、
なんとなく避けて通りたい食物だったのですが、
せっかくの誕生日のご厚意です。
ここは清水の舞台から飛び降りるつもりで思い切ることにしました。

・・・・
・・・ん?

・・・・ん?!!!

・・・・うまい!!!!

びっくりしました。
お餅や白玉のようなもちもち食感!!! (お餅大好きです)

タピオカ
という主張もなく、
味を引き立てる上品な感触なんです!
これはかなりうまい部類に入ります。

今まで勝手なイメージで迫害し続けていたことをタピオカに謝りたい。
すみません。このとおりです。
昨日、強敵(ライバル)だと思っていたら、今日は強敵(とも)になっていた、、、
という、少年ジャンプ的な展開。
魚卵とかいってごめんね。。。


ということで、タピオカです。
こういった経緯で一瞬にしてみなさんにオススメしたい食材に変貌しました。

ここで、「タピオカ」を誤解していたことに関して深く反省をしなくてはいけません。
別に、食わず嫌いだったということにしてしまってもいいんですが、
結論から言えば、時間がないんです。
限られた人生の中、早くおいしいものにたどり着けなければ意味がないんです。

会社の中だけでなく、日常生活でも
「なぜ?」を5回繰り返し、貪欲に問題解決にあたらなくてはいけないのです。
すなわち、失敗した原因の追究と再発防止のための対策。
今、最重要なことなのです。

さて、やっと本題です。
そもそも、なぜわたしはタピオカを食べなかったのか。
→ビジュアルが魚卵みたいで気持ち悪いからです。

ここで少し落ち着いて、google先生に聞いてみましょう。
wikipedeia

タピオカ (tapioca) は、トウダイグサ科のキャッサバの根茎から
製造したデンプンのこと。

と、明確に書かれていました。

これさえ調られていれば、
「タピオカ」=「魚卵」という脳内方程式が間違いだったことに気がついたはずです。

更に

水分を加えて加熱すると糊化する。

と書かれていることを踏まえます。
その製法を想像するに、糊化したタピオカを魚卵程度の大きさに丸め(黒い色をつけて)、煮る、ということになるでしょう。

白玉は米粉から作ります。
米粉から作った専用の白玉粉を練って丸めて湯通しします。
…米粉・キャッサバ粉のちがいはあれど、デンプンを練って、煮るということは同じ。
したがって、味もほぼ同じ
・・・・本質的には同じ!!

なぜを5回繰り返さずとも、たどり着けました。。。orz

<まとめ>
●今までの人生で、大好物にもなりえたかもしれないタピオカを食べれなかった原因:
→ビジュアルにとらわれすぎて、中身を見ようとしなかった。
●タピオカに早くたどりつくにはどうしたらよかったか:
→好奇心を持ってタピオカの構成成分を調べればよかった。
●生活に応用すると:
→一見して「ムリ」なものでも、内容、構成物などを調べ総合的に判断する。
●これからの人生の課題:
→ものごとの本質を見極めれるようになる。
●本当に言いたかったこと:
→ものごとの本質を見れないと結局おいしいものにたどり着けない。

ぶっちゃけ、こんなに長くなるとは思いませんでした。
途中で、数学の証明問題を解いている気分になりました。。。
簡単にまとめる力をつけていくことも今後の課題にしておきます。

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

最近の投稿

Archives:

カテゴリー