« | »

sugi
2010-06-2 10:24 pm  

はじめまして、ベースは無彩色好きなスギタニです。

無彩色が好きなのですが、先日赤いブーツに一目惚れしてしまいました。
底のゴムの部分を除いて、外側はほぼ赤。
差し色や乗り物は「赤系」が好きだったりします。



「赤い靴」と言えば何を思い浮かべますか?

私はお店で試履してるときから
「赤い靴~は~いてた~♪」と口ずさんでいました。
友達に冷ややかな目で見つめられながら・・・
(ところでこの歌の題名はなんだっけ?)

そのブーツをウキウキで履いている私の姿を見た友人が一言。
「鉄腕アトムやん」と。

ほほぅ。『鉄腕アトム』
確かに。足だけ見たら「鉄腕アトム」でした。

そこで、色について少しだけ考えてみることに。

「色」は人それぞれ違ったイメージを持っていたり、違う感じ方をしていると思います。
もちろん同じイメージを持ち、同じ感じ方だったりする場合もあると思います。

では、例えばに使ってしまいますが、「赤」
「熱い・痛い」など危険、危機感のようなイメージを持っている人。
「熱血・闘争心」など情熱的なイメージを持っている人。
そのほか、この一文字でさまざまな言葉、物を連想されると思います。
フェラーリや、郵便ポストなどなど。。。

改めて色について考えてみたりすると、楽しいものでした。
「へ~この人は赤に対してこんなイメージを持ってたんだ」なんて新しい発見もあったりします。

ホームページを制作する際にも
「色合いはどうしましょうか?」
「雰囲気はどんな感じがお好みですか?」
という質問をすることがあります。
もともとコーポレートカラーがハッキリしている場合はそのカラーを使用しますが、
特にない場合などには出来るだけお客様の頭の中にある色を引き出すようにしたり、
食品を扱っているお客様だった場合は、その食品が美味しそうに見えるような色をご提案したり。

同じ色でもトーンを替えるだけで雰囲気や印象が変わってしまう事があるように、
色のもつ影響力はすごいなぁと思います。
そう、色ってすごいんです!

普段意識していない、身の回りにある物や、街中で見かけるたくさんの色も、
いつもとは違った見方をすると新しい発見があるかもしれませんよ~。
ぜひ試してみてくださいね。

ちなみに、サンアットマークのロゴにある「@」も赤系です。

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

最近の投稿

Archives:

カテゴリー